ごあいさつ

当ホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

私はこれまで、インハウスデザイナー(社内デザイナー)として自動車デザイン業を5年間、グラフィックデザイン業を2年余り経験し、2017年4月にフリーのデザイナーとして活動を開始いたしました。
フリーランスになる覚悟を決めた理由は、インハウスデザイナーでは自分の天命を全うすることに限界を感じたためです。

メーカー在職当時は、新規車両の企画・開発業務をはじめ、次世代のスタディモデルの開発・提案、人間工学に基づいたインテリアの各パーツデザイン開発、更には、デジタルメーターなどの計器系のデザイン開発など、多岐に渡る業務を担当させていただきました。
グラフィックデザイン業では、企業様のホームページ、広告、ダイレクトメールなどの企画・デザイン、キャッチコピーなどの提案を担当させていただきました。

これまでに培ってきた経験・スキルを、これからは様々な形で、社会に還元してゆきたいと想っております。

私は茨城県水戸市出身ですが、独立を機に拠点を兵庫県神戸市に移しました。
神戸市は、北に自然豊かな六甲山の山並みを、南には国際交流の拠点として発展した神戸港を望むことができ、多彩な文化が融合する国際色豊かな大都市です。「デザイン都市」としてユネスコから認定されており、今もなお、発展を続けている同市は、デザイナーにとって最高の環境です。

北野異人館街では歴史的建造物が多く現存しており、建物内では美しい家具や照明、食器などを見ることができます。
時代を越えて愛されるものは、唯一無二の恒久な美しさや華やかさを秘めており、見ているだけでとても勉強になります。

「ものづくり」は、人々の生活を豊かにし、幸福を生み出すものです。
デザイナーの役割とは単に表面的なカタチを作る以上に、使う人に喜びや感動を提供し、新たな価値を創造しながら、豊かさを創ってゆくことです。本質を追求した「ものづくり」のみが、時代を越えて愛されるものに育ってゆくのだと想います。

私はこれまで以上に、「人と地球に優しいものづくり」をモットーに、日々の暮らしに寄り添い、豊かな幸福を創造し続けられるデザイナーとして、日々研鑽を重ねてゆく所存です。

代表 伊藤辰徳